コンセプト再考

早くコーディングし始めたいのだけど、もう一度コンセプトやこのwebサービスの意味を考えてみる。

技術的に可能かどうかももちろん大事なんだけど、そこを軸に据えてしまうと間違った方向に進んでしまう。自分のスキルでやれることはここまで・・・そんな線引きをすると、ローンチはできても誰得?なサービスになってしまう。一番実現したいコアな部分は何なのか、使ってくれるユーザーにとって大事なのはどこなのか。そういうコンセプトやサービスの肝をしっかり考えた上で、機能を選定し、使用する技術や実現方法を考えていく。

 

なかなか道は険しそうだ。

極細スタイラスペン

数年前に量販店で買ったiPhoneスタイラスペンがありました。

当時は先が「これ10ミリペン?」というくらい太っとくて、感度も悪くて全く使い物にならず、その日のうちに引き出しの奥に追いやられてしまったものです・・・

 

あれから数年経ち、またペンが欲しくなってきました。

「使いやすいiPad, iPhone用ペンはないかなー」と思い少し調べたのでシェア。

 

iPad _φ(・_・ 透明スタイラスペン自作Movie6 (6/9)

→いきなりですが「自作ペン」をご紹介。動画を見てみるとかなり完成度が高そうです・・・これはスゴい

 他に幾つも自作ペンがあるようですが、"お菓子の袋"でも作れるとは驚きです。

Jot|最新型の極細iPadスタイラスペンが発売開始!! 新感覚の書きごこちに感動【スタイラスペンレビュー】

→市販のペン。ペン先が円盤になっているのは自作ペンと同様。しかもそんなに高くない。

 自作が面倒だったら買ってしまった方が早いかも。

Byzero Studio I _ Natural handwriting solution

→こちらも市販のペン。上記2つのスタイラスとは方式が異なるようで、レシーバに位置情報を感知させるタイプのようです。さらに特定(というか公式?)のAppにしか対応しておらず、ペンの値段もそれなり・・・。ちょっとまだ手が出ないですかね。ただ感知方法が静電気ではないので、掌やもう片方の手が画面に当たっていても大丈夫、と、よりリアルな書き味を求める人には良いかもしれません。

 

スタイラスペンも進化してますね。僕は試しにJot(のMiniというタイプ)と、上記には紹介していないですがBambooを購入してみました。

届くのが楽しみです。

HTML5

作りたいwebサービスがあって、それを実現する為の技術要素を調べていました。

この前まではUnityがいいかなと思っていたけど、今はHTML5の方が良いかも?と気付き。

初歩的なものから面白いライブラリなど、いくつかメモったものをシェアします(古い記事が多いかもですが・・・)

 

HTML5で美麗なページめくり効果が作れるJSライブラリ「turn.js」

→良い動きしてます。ふむふむ・・・

HTML5による物理シミュレーション環境の構築 ~WebGLライブラリThree.js 入門(1/3)~

→簡単なアニメーションだったらこれで結構イイ所まで行けるかも

20 THINGS I LEARNED ABOUT BROWSERS AND THE WEB

→読んでいて感動ものだったのでメモw  数年前にwebの可能性に魅せられたのも、こういう「これからもっと魅力的な事が起こるよ」という、ワクワクを感じずにはいられないステキな文章でした

突然あわてないためのHTML5の対応エディタ知識

→今後必要になりそうなのでメモ

jsdo.it

→かなり使えそう。ここで鍛錬しようかな・・・

 

 

普段はJavaでサーバサイドプログラミングをしてるので、クライアントサイドやwebといった部分はまだまだ分からない事も多く。これから勉強していこう。

Unity試作第一号

Unityで、クソゲーを作ってしまいました。

 

f:id:Takasu3M:20120226124532p:plain   f:id:Takasu3M:20120226124538p:plain

labyrinth 

※Unityのweb playerをインストールしていないとプレイできませんが
すぐ終わるのでさくっとインストールお願いします

キャラクターを動かしてゴールを目指す、という単純なものです。
十字キーで歩行、+ shiftで走ります。
(十字キー以外だと、wで前進、aで左、sで後進、dで右となります)
spaceキーを押せばジャンプします。
ゴールは、キラキラ輝いている所です。探してみて下さい(と言っても道なりに行けば辿り着けるのですが)
所要時間が短いほど高得点です。また、少し分かりにくいですが時間の下に表示されているのはHPで、これも多く残っているほど高得点となります。炎などに当たると減ります。

 

カップラーメンが出来上がるまでの時間程度には暇つぶしできると思いますので、どうぞお試しください。

 

Mac, 拡張子zip → cpgz → zip・・・の無限ループ対処法

オンラインストレージからzipファイルをダウンロードし、解凍する機会があったのだけど、

タイトルにある通り.zipファイルを解凍すると.cpgzファイルが出来上がり、.cpgzファイルを解凍するとまた.zipファイルができあがるという無限ループに陥り苦労したので、その対処法を書いておきます。

 

結論から言うと、バージョンの古いStuffIt Expanderで解凍したところ、無限ループから抜け出せました。

バージョンは8.0.2。

http://www.stuffit.com/mac-stuffit-download.html:title=http://www.stuffit.com/mac-stuffit-download.html

上記URLから「Standard 8.0.2 (.dmg) OS X 10.1 - 10.2」をダウンロードできます。

 

他にも対処法は幾つかあるようですが・・・

・Unarchiverというツールを使う

・ファイルの拡張子を「.RAR」や「.SIT」に変える

・Stuffit Expanderを使う(古いバージョンでなくてもできた人もいるらしい)

・ダウンロードした時にそもそも拡張子が2つ並んだおかしなファイルなので、末尾にある方を消す

僕はどれを試してもダメだったので。

 

どうやらファイルそのものに問題があるのではなく、圧縮するのに古いバージョンのツールが使われていたことに原因があるようです。